はじめまして。タカトモです。


僕はこれまで、書籍編集者として、編集長として、出版社の役員として、数多くの本づくりと出版事業に携わってきました。


担当編集者としてプロデュースした『人生がときめく片づけの魔法』(159万部)は、全世界1千万部を超えるベストセラーとなり、日本発の「本」として空前の大ヒットとなりました。


このほか、『病気にならない生き方』(140万部)が国内のみならず海外でもベストセラーとなっていて、『体温を上げると健康になる』(70万部)、『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』(52万部)など、編集者として大きなヒットに恵まれてきました。


大ヒットしたのは、自分が手がけた本だけではありません。サンマーク出版では愛すべき部下たちがミリオンセラーを含む大きなヒットを量産してくれました。おかげさまで日本を代表する、いや、世界的にも注目される「ヒット連発の編集部」を会社の仲間といっしょにつくってきたと思います。


自分で言うのは気恥ずかしいのですが(笑)、と米国でミリオンセラーを打ち立てた、ただひとりの編集者で、そんな人はほかにいないそうです。


編集者として、たまたまそういう運に恵まれたからでしょうか。おかげさまでベストセラー編集者の友人がいつのまにかまわりにたくさんできました。


そんな友人たちと話をしていて、わかったことがあります。


それは、ベストセラーをつくる思考法がある、ということです。しかも、おもしろいことに、編集者によってその思考法が異なるのです。


売れる本をつくる編集者たちは、それぞれがまったく異なる思考とロジックを駆使して、ベストセラーという山の頂をめざしています。


ベストセラー編集者と呼ばれる人たちは、それぞれが売れる本の再現性や成功パターンをもっているのです。


あえて断言しますが、僕は、日本の編集者はほんとうにすごいと思っていて、はっきりいって、欧米の編集者になんか、全然負けていないどころか、本づくりのクオリティや、売れる本のつくり方の研究という視点からみるなら、余裕で勝っているとさえ思っています。


ところが、世界での出版ビジネスという大きな視点でとらえたとき、日本の編集者は欧米に負けてしまっているのです。


それがほんとうに悔しくて悔しくて。


日本語という壁があるせいか、あるおかげなのか、日本の編集者の編集スキルはガラパゴス的に異常に発達しているのですが、それが世界に知られることはほぼありません。


とても残念なことです。



僕には夢があって、「日本の著者と編集者と出版社を世界に広く知らしめたい」という、強い思いを持っています。



そのために、まず、「志と技を持つ編集者」が切磋琢磨する場をつくりたい。そんな編集者と志のある著者が出会う場所をつくりたい。


そんな思いで、

「あの本の編集者に学ぶ
 ベストセラー研究サロン」

をスタートさせます。


本を通して、
「世界をよりよくしたい」
「人の心によりよいものを届けたい」
という志と野望をもつ編集者と著者、これから著者になりたい方が一堂に会する場
になれば、という願いをこめた、本を愛する人たちが集う勉強会コミュニティです。



「あの話題の本」をつくった
「ベストセラー編集者」
毎月1人、ゲストに迎え、



僕が聞き手となってインタビューさせていただきます。
(いちばん勉強させてもらうのは僕かもしれません。笑)



◉なぜ、その本をつくろうと思ったのか。
◉どうやってそれを売れる本にしていったのか。
◉著者には何を伝え、何を求めたのか。
◉一冊の本ができあがり、ベストセラーになるまでどんなドラマがあったのか。
◉編集者として大切にしていることは何か。
◉売れる本をつくりつづけることができている秘密は何か。
◉どのような思考法にのっとって、本づくりをしているのか。
◉これからの時代、編集者はどのように進化していくべきか。


時間が許すまで、
根掘り葉掘り聞き出すつもりです。


大げさにいうと、
日本の未来を決めるのは
「編集者の進化」と「著者の志」が
鍵を握っている
と、僕は思っています。




なぜなら、
「日本」は、「お日様」と「本」でできているから。
(タカトモは昔から勝手にそう思っています)




だから、
「本を書く著者」と「本をつくる編集者」が
これからの時代、決定的に大切なのです。




「本を書く人」
「本を書きたい人」
「本をつくる人」


この三者が集い、学び合うコミュニティをつくろう。

それぞれの知恵を共有し、学びを深める時間と空間を、これからの日本のためにつくろう。


そのような思いに立ち、
「ベストセラー研究サロン」
立ち上げることにしました。


同じ志のある方の参加を心よりお待ち申し上げます。

開催予定

  • [第1回] 2019年9月5日(木)18:30〜21:00 市川有人(ダイヤモンド社)※満員御礼 

  • [第2回] 2019年10月4日(金)18:30〜21:00吉田麻衣子(サンクチュアリ出版)※満員御礼
  • ※ページ下部に開催レポートあり
  • [第2回] 2019年10月4日(金)18:30〜21:00吉田麻衣子(サンクチュアリ出版)※満員御礼
[第3回]2019年11月14日(木)18:30〜21:00 満員御礼
多根由希絵(SBクリエイティブ)
[ゲストプロフィール]多根由希絵(たね・ゆきえ)
SBクリエイティブ 出版事業本部 学芸書籍編集部。日本実業出版社で月刊「企業実務」、書籍など担当の後、2015年よりSBクリエイティブ学芸書籍編集部にて、新書、ビジネス書、実用書を担当。代表作は『本音で生きる』(堀江貴文著 SBクリエイティブ)が33万部、『世界のエリートが学んできた 自分で考える力の授業』が10万部(狩野みき著 日本実業出版社)など。

2018年日販のビジネス書年間ベストセラーにて、1位(『大人の語彙力ノート』齋藤孝著 31万部)、2位(『10年後の仕事図鑑』落合陽一・堀江貴文共著 24万部)、5位(『1分で話せ』伊藤羊一著 22万部)と3点がランク入り。

[第4回] 2019年12月11日(水)18:30〜21:00※満席、キャンセル待ち
斎藤竜哉(サンマーク出版)
[ゲストプロフィール] サンマーク出版 チーフプロデューサー。

本を通して「本当の幸せにつながる生き方」を伝えることをモットーに、133万部を突破した『生き方』(稲盛和夫)、世界でシリーズ200万部突破の『水は答えを知っている』(江本勝)をはじめ、『心。』(稲盛和夫・15万部)、『きっと、よくなる!』(本田健・15万部)、『「そ・わ・か」の法則』(小林正観・15万部)などを手がける。
[第5回] 2020年1月14日(火)18:30〜21:00
三宅隆史(飛鳥新社)
[ゲストプロフィール] 飛鳥新社 出版部

週刊誌好きが高じて出版界を目指す。編集プロダクションのアーク・コミュニケーションズにて編集者としての下積み生活を開始。雑誌、実用書、文庫、企業出版、広告、e-bookなど、「何でも屋」として幅広いジャンルを凝縮して経験する。ノンフィクションの制作をしたい一心で、飛鳥新社に転籍。2年目に企画した『肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい』『長友佑都のヨガ友』が、紀伊國屋書店やAmazonほか、各書店のランキングで1位を獲得。2017年、年間ベストセラー「実用部門」トップ10にそれぞれランクイン。

「まだ言語化されていない読者の心を、忖度できているか」「正しい、楽しい、新しいが鼎立しているか」「家族に胸を張って勧められる企画になっているか」と、模索しながら次なるベストセラーを目指す日々。

▼飛鳥新社での主な担当書――『肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい』(西山耕一郎)36万部、『長友佑都のヨガ友』(長友佑都)20万部、『ぼくらの哲学』(青山繁晴)3.5万部、『まずは、あなたのコップを満たしなさい』(玉置妙憂)2万部、『腰痛がきえるWストレッチ』(野口早苗)1.5万部
[第6回] 2020年2月6日(木)18:30〜21:00
寺田庸二(ダイヤモンド社)
[ゲストプロフィール]ダイヤモンド社書籍編集局第三編集部副編集長。
処女作20作連続重版更新中(2003年〜)。生涯141作・重版率8割超。

最新作・出口治明『哲学と宗教全史』(A5ハードカバー468p・2400円・発売即大重版)は「100年残る王道の1冊」と有名書店員さんから評される。担当書籍に『効率が10倍アップする新・知的生産術』(25万部)、『志麻さんのプレミアムな作りおき』『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク』(いずれも13万部超)、『ザ・コピーライティング』(3200円・22刷)、経営者の処女作『ディズニー、NASAが認めた 遊ぶ鉄工所』『1坪の奇跡』『売れ続ける理由』など。

人にフォーカスした本づくりで、あらゆるジャンルに飛び込む。ダイヤモンド書籍オンラインを活用したジェットストリームアタック販促が得意。技術と精神がドライブがかった本を、孫の世代まで読み継がれる本を、光の当たらないところに光を当てる本をが3大モットー。
[第4回] 2019年12月11日(水)18:30〜21:00※満席、キャンセル待ち
斎藤竜哉(サンマーク出版)
[ゲストプロフィール] サンマーク出版 チーフプロデューサー。

本を通して「本当の幸せにつながる生き方」を伝えることをモットーに、133万部を突破した『生き方』(稲盛和夫)、世界でシリーズ200万部突破の『水は答えを知っている』(江本勝)をはじめ、『心。』(稲盛和夫・15万部)、『きっと、よくなる!』(本田健・15万部)、『「そ・わ・か」の法則』(小林正観・15万部)などを手がける。

当日の流れ




  • [プログラム]

    18:10 開場
    18:30〜20:00 ゲストトークライブ
    20:00〜21;00   交流会

    ※交流会がありますので、ぜひ名刺をご持参ください。
    ※ゲスト編集者の方及び来場される編集者の方に、その場で企画書やパンフレットをお渡しすることはご遠慮ください。

  • [プログラム]

    18:10 開場
    18:30〜20:00 ゲストトークライブ
    20:00〜21;00   交流会

    ※交流会がありますので、ぜひ名刺をご持参ください。
    ※ゲスト編集者の方及び来場される編集者の方に、その場で企画書やパンフレットをお渡しすることはご遠慮ください。

参加方法は2つです


①研究サロンの会員になる

  • (1)毎月の「研究サロン(編集者トークイベント)」に無料で参加可能です。
        席が毎回かならず確保されます。
  • (2)会員には後日、当日の音声とトピックス一覧が配信されますので、欠席しても会費がムダになることはありません
  • (3)専用フェイスブックグループで学びのシェアと交流が可能です。
  • (4)ベストセラーを志す、編集者&著者の仲間ができます。

  • 【価格】
    月額8,800円(税別)
    満席のため募集は終了しました

    次回案内はこちら

  • (2)会員には後日、当日の音声とトピックス一覧が配信されますので、欠席しても会費がムダになることはありません

②単発で参加する

  • (1)ビジター価格での参加となります。
  • 【価格】
    編集者の方 5,000円(税込)
    一般の方  18,000円(税込)
    満席となりました!
    次回案内希望の方は希望枠にご登録ください。

  • 【価格】
    編集者の方 5,000円(税込)
    一般の方  18,000円(税込)
    満席となりました!
    次回案内希望の方は希望枠にご登録ください。


よくある質問


  • Q
    サロンメンバーにはどんな方がいますか?
    A
    ベストセラーを目指す、著者、著者になりたい方、編集者の方が参加される予定です。
  • Q
    会員にならずに、単発参加はできますか?
    A
    ビジター価格で何度でもご参加いただけます。
  • Q
    退会規定などはありますか?
    A
    退会・再入会はご自由にできます。退会の際は、事務局までメールでご連絡いただくか、PayPal決済をご自身で解除していただくか、どちらかになります。
  • Q
    誰でも参加できますでしょうか?
    A
    興味のある方、誰でも参加可能です。
  • Q
    参加できない日の音声を聴くことができますか?
    A
    会員の方は後日、音声を聴くことができます。
  • Q
    会員にならずに、単発参加はできますか?
    A
    ビジター価格で何度でもご参加いただけます。

開催報告


お問い合わせが多いため、今後「音声会員」も検討していく方向です。

[第1回] 2019年9月5日(木)18:30〜21:00 市川有人(ダイヤモンド社) 

[ゲストプロフィール]

市川有人(いちかわ・ゆうじん)
ダイヤモンド社 書籍編集局第一編集部 編集長。

主な担当書に
『医者が教える食事術 最強の教科書』(80万部)、
『「超」入門 失敗の本質』(15万部)、
『40代を後悔しない50のリスト』(シリーズ20万部)、
『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』(12万部)など。

ノート術や知的生産術関連の本を多く手がけ、
『情報は1冊のノートにまとめなさい』(シリーズ50万部)、
『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』(10万部)、
『モレスキン「伝説のノート」活用術』(5万部)、
『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』(3万部)ほか、
このジャンルだけで累計100万部。

大手取次が発表する年間ベストセラーランキングに、この10年で6冊をランクインさせている。

【当日音声トピックス】

0分40秒 
なぜベストセラー研究サロンを立ち上げたのか?

3分35秒 
80万部突破して思ったこと

5分00秒 
そもそもなぜ編集者になったのか?

17分00秒
書籍編集者として、スイッチが入って死に物狂いでやった努力とは?

18分30秒
なぜ、売れる人が売れる本をずっと作り続けることができるのか?

20分40秒
一流の編集者になるために、7年間毎日やり続けたこと

25分30秒 
編集者の2つのタイプ 著者ドリブン型と企画ドリブン型

26分40秒 
問いの質によって、結果が変わる

29分25秒 
企画を立てるために必要な4つの問い秘伝の「コンセプト設計シート」
      
35分40秒 
『医者が教える食事術 最強の教科書』をコンセプトシートに沿って説明/医者食の4マス分析

42分40秒 
本の売れ行きは、上流のコンセプト設計と冷徹なロジックでほぼ決まる
ストーリーはその中からしか生まれない

51分20秒 
大ヒットを連発する秘密・WAC分析とは?

60分03秒 
『情報は1冊のノートにまとめなさい』はなぜ32万部を超えたのか?

67分00秒 
初めて30万部を突破して得た経験とは?

76分00秒 
編集者として一番大切にしていること
編集者の仕事はコンセプトメイキング

79分01秒 
ベストセラー編集者が著者に求めることとは?

81分42秒 
売れ続ける本を出す、編集者の共通点とは?

83分10秒 
結局「死ぬほど◯◯した人」がヒットメーカーになる

[第2回] 2019年10月4日(金)18:30〜21:00 吉田麻衣子(サンクチュアリ出版)

[ゲストプロフィール]
吉田麻衣子(よしだ・まいこ)
サンクチュアリ出版編集部。

1980年生まれ。宮城県出身。
おしゃべり好きな蟹座のB型です。

明治学院大学卒業後、広告会社・出版社を経て、2015年にサンクチュアリ出版に入社。

43万部を突破した
『学びを結果に変えるアウトプット大全』(樺沢紫苑)の他、
『学び効率が最大化するインプット大全』
『「一緒に働きたい」と思われる心くばりの魔法』(櫻井恵里子著)
『手ぶらで生きる。』(ミニマリストしぶ著)など、
ビジネスや実用ジャンルを担当。

人生や働くことがラクになる本づくりを目指しています。
心掛けているのは「やさしさ」と「わかりやすさ」。本を読まない人の味方です。
【当日音声トピックス】

3分40秒 なぜ、吉田さんは編集者になったのか?

10分40秒 自費出版の会社からサンクチュアリ出版に転職して気がついたこと

12分00秒 なぜ、サンクチュアリ出版は年間12冊の少ない出版点数でも会社が回るのか?

14分15秒 なぜ、編集者デビュー作『「一緒に働きたい」と思われる心くばりの魔法〜ディズニーの元人材トレーナー50の教え〜』(櫻井恵里子、7万部)は発行から3年たっても売れ続けるのか?

17分40秒 10万部突破する本を作るために、何を考えたのか?

21分40秒 樺沢紫苑『学びを結果に変えるアウトプット大全』はどのようにして生まれたのか?

29分00秒  次の時代に何がくる?「予感力」の高め方

34分55秒 読者のゴールを明確にした結果

37分45秒 『学びを結果に変えるアウトプット大全』はどのように売れていったのか?

39分20秒 著者の樺沢紫苑先生にはどのように依頼したのか?

43分28秒 本を作るにあたって、著者に求めたこと

47分55秒 本作りがスムーズな著者の本ほど売れる?(仮説)

50分50秒 編集者として大切にしていること

55分30秒   著者を志すみなさんへ、本を出す前にやっておきたいこと

59分35秒   ミニマリストしぶ『手ぶらで生きる。~見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法~』(3.9万部)を出して世の中はどう変わったか?

63分35秒 編集者・出版社はどのように企画を立てているのか?以下、樺沢紫苑先生の話

67分30秒 『学びを結果に変えるアウトプット大全』の企画をはじめて見た時の印象

69分00秒 じつは2010年から「アウトプット」というキーワードを狙っていた
ベストセラー著者としてあり続けるために気をつけていること

75分45秒  ベストセラーを出せるようになって変わったこと

80分10秒 なぜ、さまざまなジャンルの本を書くことができるのか?

84分00秒 ベストセラーを出すための3つの「T」

主催情報


高橋朋宏(タカトモ)
ブックオリティ出版ゼミ学長
元サンマーク出版常務取締役編集長
2005年、『病気にならない生き方』(新谷弘実)が国内140万部突破、自身初のミリオンセラーに。
2011年、『人生がときめく片づけの魔法』(近藤麻理恵)が国内159万部の大ヒットとなり、自身2冊目のミリオンセラーに。同書は「日本発の世界的ヒット」となり、米国では300万部を超える。2015年、日本と米国でミリオンセラーという、日本の出版史上、初めての快挙を成し遂げた編集者となる。ミリオンセラーと言われる本のなかには実は100万部刷っただけで100万部売れていない本も少なくないなか、実売で2冊のミリオンセラーという幸運に恵まれる。

他にも多数のベストセラー本を世に送り出してきた、自称「本づくりのヘンタイ」。無名の「一流のヘンタイ」を発掘してベストセラー著者に育て上げることを得意としてきた。

22年間、在籍したサンマーク出版で仲間とともに「ヒット連発の編集部」をつくりあげる。

54歳にして心機一転、これまでやったことがないことにチャレンジしてみたくなり、2018年6月、サンマーク出版常務取締役編集長の職を辞し、株式会社ブックオリティを創業。「世界を変える著者になるブックオリティ出版ゼミ」を主宰する。

安易な本づくりが大嫌い。クオリティファーストを信条とする。